精密板金で活躍する装置

精密板金で使用される設備

金属

ターレットパンチプレス

精密板金を行なう上で、欠かせないのがこのターレットパンチプレスです。ターレットパンチプレスではアルミやステンレスなどでできた鉄板に穴を開けることができる、機械になります。このターレットパンチプレスが最新であれば、短時間で生産数もアップすることができます。

ベンダー

ターレットパンチプレス同様に、精密板金に必要なのがベンダーです。以前では、ベンダーはクライアントに依頼された図形を元に、曲がる寸法や使用する金型を人が考えなければいけませんでした。しかし、最近ではネットワークに接続することで、コンピュータが自動で最適な板金加工を算出してくれます。

レーザー加工機

精密板金を行なう上で、最近導入されたのがレーザー加工機です。ターレットパンチプレスを利用して、穴を開けることが従来の加工方法だったのですが、レーザー加工機の導入によって大きく変わりました。レーザー加工では金型交換の必要がない為、製品を開発する時間を短縮することができるのがメリットに挙げられます。しかし、ターレットパンチプレスよりもコストがかかるので、自社製品を開発する時は予算に従って選ぶといいでしょう。

精密板金で開発する物

no.1

精密OA機器

精密OA機器の部品作りならば、精密板金が最適な施工方法と言えるでしょう。微細に板金をすることもできますし、設計についても自由な形状を作ることができるので、おすすめです。また、大量生産を目的としているなら尚更、精密板金を選ぶべきです。

no.2

医療機器

医療機器を作ろうと思ったら板金の精度の高さが重要視されます。そのため、医療機器の開発に精密板金が多くの企業に選ばれているのです。医療機器に必要なのは、複雑な形状の精密板金加工となります。

no.3

食品関係の機材

現代社会では便利な機能の食品機材が多様化しています。そのため、食品機材を精密板金で作成する会社も沢山あります。精密板金で作られている機械と言えば、回転寿司の機械などが挙げられます。

no.4

印刷機や複写事務機

一般的にも普及しているコピー機も精密板金で作られている物も多いのです。近年では、高機能のコピー機が多くの企業によって、開発されています。コピー機を開発することを検討しているなら、精密板金を検討してみましょう。

no.5

音響機器

オーディオ機器やスピーカーなどの音響機器のパーツも精密板金加工を使用されています。音響機器は複雑な構造をしているので、高い品質の物を開発したいなら、精密板金がおすすめです。

広告募集中