精密板金と一般的な板金加工の違い

違いを知るために

板金加工には精度が必要な板金と精度を必要しない板金の二つに分類されます。精度が必要な板金は精密板金と呼ばれていて、多くの法人に注目されています。その二つの施工の違いについて、知っておくといいでしょう。

精密板金と板金加工について

工場

一般的な板金加工について

精密板金と一般的な板金加工では加工工程に大きな違いがあります。一般的な板金加工では金属板を切断、溶接などの加工を施して、製品や部品を成形します。主に自動車のキズやへこみなどの板金にはこの板金加工を行なうことが多いです。例えば、打ち出し板金などが挙げられます。

精密板金について

精密板金では通信機器や電子機器などの部品などを製造される時に、使用される加工方法です。日常的に使用されているもの多くは板金加工ですが、精密板金も近年では注目されています。精密板金では、レーザー加工やセラミック加工など専門性の高い施工を行います。

製品を作るなら

自社の製品を開発するなら、精密板金をおすすめします。精密板金なら複雑な形の部品も作ることができますし、大量に製品を生産することも可能です。ですから、自社製品を開発するなら精密板金を選ぶといいでしょう。

広告募集中